フッ素系離型剤で安全確保と作業効率を向上させることのできる理由!

フッ素系離型剤のメリットとデメリット

製造業の現場では、材料を金型に流し込んで製品を成型する方法でものづくりをすることも多いです。この金型を使った製造工程で大活躍しているのが離型剤です。金型に流し込んで作った素材を、離型剤を塗布することで取りやすくします。フライパンで肉や野菜、など調理をするときに油をひきますが、原理としてはこれに似ています。
この離型剤にはさまざまあるのですが、ゴムやプラスチックにはフッ素系の離型剤が使用されることが多いです。金型にフッ素コーティングをします。フッ素はものにくっつきづらいという特徴を持つ元素です。この性質を着目して、離型剤の素材をして採用されるようになりました。
金型に離型剤が残ってしまうと、成型物の不良につながります。サイズが微妙に違っていたり、金型に汚れがついている部分だけかけてしまうといったことが起こります。しかし、くっつきづらいという性質を持ったフッ素系は離型剤では、このようなことが起こる可能性が低いです。
もちろんデメリットもあり、取り出した製品に離型剤が残ってしまう転写が多いのは少し残念なところです。金型で成型したものを塗装する、他の部品に引っ付けるといったときに転写が多いと、上手くいかないこともあります。このため、洗浄工程が必要になるケースも発生します。

ピックアップ

  • フッ素系離型剤のメリットとデメリット

    製造業の現場では、材料を金型に流し込んで製品を成型する方法でものづくりをすることも多いです。この金型を使った製造工程で大活躍しているのが離型剤です。金型に流し込んで作った素材を、離型剤を塗布することで取りやすくします。フライパンで肉や…

    MORE
  • フッ素コーティングの離型剤を使えば成型品が取り出しやすくなる

    成型されたものをスムーズに取り出しやすくするために用いられるのが、各種離型剤です。離型剤を使うことにより、金型から取り出しやすくなります。離型剤を使わずともストレスなく取り出されるのであれば離型剤の必要性はそれほどないといえるかもしれ…

    MORE
  • さまざまな役割に期待できるのが離型剤

    離型剤には、離型をはじめとしたさまざまな役割を見込めます。離型剤の名前からわかる通り、まず第一の役割は型から剥がしやすくすることです。もしも離型剤を使わなかったら、型から剥がしにくくなってしまうかもしれません。特に機械が古くなってしま…

    MORE
  • 離型剤ならフッ素コーティングの離型剤を使用してみよう

    ゴム製品やガラス製品などの成形型を用いて形作られる製品に使われているのが「離型剤」です。離型剤は、金型から作られる製品を型から外しやすくするためのものであり、素材に合わせて色々な種類の離型剤があります。様々な種類がある離型剤の中でも、…

    MORE